《開催予告》2019年12月20日(金)
 E-IMRワークショップを開催予定です。 (金属材料研究所2号館講堂にて)

2019年10月1日
折茂慎一教授が材料科学高等研究所(AIMR)の所長に就任し、新たに市坪哲教授が本センター(E-IMR)のセンター長に就任いたしました。

2019年9月26日
スピンエネルギー材料部 高梨弘毅教授が公益社団法人日本磁気学会「令和元年度 学会賞」を受賞しました。(日本磁気学会令和元年度表彰者一覧)

2019年9月19日
キラルな層状ペロブスカイト型半導体で光起電力を発現 電位差界面を使わない光起電力材料開発に指針。[イオンエネルギー材料研究部 宮坂等教授]

2019年9月18日
スピンエネルギー材料部 高梨弘毅教授が公益社団法人応用物理学会「第13回(2019年度)フェロー表彰」を受けました。(応用物理学会)

2019年8月26日
令和元年 みやぎ県民大学「地球にやさしいエネルギーと環境・材料技術  ~太陽電池・水素・超伝導・植物の品種改良~」(8/26-29開催)(詳細)において藤原航三教授・河野龍興特任教授が講演を行います。

2019年8月1日
第89回金属材料研究所夏期講習会(8/1-2開催)(詳細)において折茂慎一センター長・市坪哲教授が講義を河野龍興特任教授が講演を行います。

2019年8月1日
【研究成果】を新たに追加しました。

2019年8月1日
E-IMRニュースレターVol.4,no.1(ダウンロード:PDF形式)を発行しました。

2019年5月31日
2019年度「若手研究者のためのエネルギー材料萌芽研究助成」課題1件を採択しました。

2019年5月30日
仙台市、東北大学およびNTTドコモが指定非難所の電力の効果的な活用に向けた共同実験協定を締結しました。[材料プロセス・社会実装研究部 河野龍興特任教授]

2019年3月20日
スピンエネルギー材料部 水口将輝准教授が公益社団法人日本金属学会より「第77回日本金属学会功績賞」を受賞しました。

2019年3月6日
新たなリチウム超イオン伝導材料を開発しました。[イオンエネルギー材料研究部 金相侖助教、折茂慎一センター長]

2019年2月1日
2019(H31)年度「若手研究者のためのエネルギー材料萌芽研究助成」応募を開始しました。詳しくはE-IMR事務局にお問合せください。

2019年1月1日
スピンエネルギー材料研究部 水口グループのHPを開設しました。

2018年11月13日
【センター構成】を更新しました

2018年8月10日
協奏的動きがもたらす多価イオン拡散の促進現象を発見しました。[イオンエネルギー材料研究部 市坪哲教授]

2018年3月1日
H30年度「若手研究者のためのエネルギー材料萌芽研究助成」応募を開始しました。詳しくはE-IMR事務局にお問合せください。

2017年12月28日
E-IMRニュースレターVol.3,no.2(ダウンロード:epub形式)を発行しました。

2017年12月15日
第3回E-IMRワークショップを2017年12月15日(金)に開催しました。プログラムはこちら

2017年4月26日
E-IMRニュースレターVol.3,no.1(ダウンロード:epub形式)を発行しました。

2016年12月8日
第2回E-IMRワークショップを2016年12月8日(木)に開催しました。プログラムはこちら

2016年10月7日
E-IMRニュースレターVol.2,no.1(ダウンロード:epub形式)を発行しました。