投稿者「e-imr_s1」のアーカイブ

理論計算と機械学習により無機材料表面の性質を高精度かつ網羅的に予測 -光触媒材料などの探索や電子・光電子デバイスの設計を支援-

発表のポイント 概要  東京工業大学 科学技術創成研究院 フロンティア材料研究所の清原慎JSPS特別研究員(研究開始時。現:東北大学金属材料研究所 助教)、大場史康教授は、産業技術総合研究所 エネルギー・環境領域 電池技… 続きを読む »

募集:2024年度 若手研究者のための革新的エネルギー材料・複合モジュール創製研究助成

金属材料研究所先端エネルギー材料理工共創研究センターは、「太陽エネルギーの利用と3つの『蓄』の最大化に貢献する革新的エネルギー材料・複合モジュール創製」プロジェクト(以下、本プロジェクトと記します。)を推進しています。本… 続きを読む »

堅固で低温でも充放電可能な岩塩型構造の正極材料の提案 ―資源豊富なマグネシウムを使用する蓄電池の実現に貢献―

発表のポイント 概要  資源として豊富なマグネシウム(Mg)を用いるマグネシウム蓄電池(Rechargeable Magnesium Battery: RMB)は、安価で安全・高容量な次々世代蓄電池として期待されています… 続きを読む »

News Letter Vol. 8, No. 1を発行しました

先端エネルギー材料理工共創研究センターのNews Letter, Vol. 8, No. 1を発行しました。 本号では、熊谷悠教授、髙橋幸生教授、髙村仁教授による最先端のエネルギー材料研究を紹介しています。ご覧ください。

低温で良質なナノセルラーグラフェンの大面積化に成功 ―豊富な資源を使うナトリウムイオン電池の本格的な実用化に期待―

発表のポイント 概要  炭素原子が六角形に結合した原子1個分厚さの2次元シートのグラフェンが複数積層し、表面にナノスケールの凹凸を付与して高比表面積化したナノセルラーグラフェン(NCG)は、電子・エネルギーデバイス、セン… 続きを読む »

素粒子ミュオンで半導体材料における水素の挙動を解明 〜次世代不揮発性メモリー開発に期待~

本研究成果のストーリー 概要   半導体の電気特性は材料中に存在する不純物の量に左右されることが知られています。例えば純度の高いシリコンはほとんど電気を通しませんが、微量のリンやホウ素を添加すると電気抵抗が下がり、半導体… 続きを読む »

トポロジカル磁性体の磁気熱電効果で起電力生成に成功 ―ゼロ磁場下でも熱電変換動作が可能で創エネや省エネに期待―

発表のポイント 概要   電子産業におけるエネルギーの効率的な利用への要請が強まる中、熱を電気に変換する熱電変換材料に注目が集まっています。トポロジカル物質科学の分野では、巨大な磁気熱電効果を示す磁性体が報告されており、… 続きを読む »

二酸化炭素の吸着で非磁石を磁石に変えることに成功 ガス吸着による磁気スイッチ開発に進展

発表のポイント 概要  磁石は身の回りでありふれた材料ですが、分子で創ることにより、従来の磁石では実現不可能であった機能性の付加や磁石機能の制御が可能になります。 東北大学金属材料研究所の高坂亘 准教授と宮坂等 教授の研… 続きを読む »